1. トップ
  2. コラム記事
  3. 映画館が姿を消すのはあと何年後か。
  1. トップ
  2. 映画・音楽
  3. 映画館が姿を消すのはあと何年後か。
このエントリーをはてなブックマークに追加

映画館が姿を消すのはあと何年後か。

 

ジブリの主人公に女の子が多いのはどうしてなのでしょう。

なんて考えながらおうちで映画を見直していたのですが、もう一つ疑問があるんです。

それは、

 

映画館は将来なくなるのか。

 

なくなるとすればそれは何年後ぐらいなのか。

映画好きの私にとっては重大な問題です。

なぜこんな疑問が浮かんだかというと単純に私自身が映画館が近い将来なくなると思うからです。

 

映画がなくなったら楽しみがなくなっちゃう!!

 

なんて人もいるかもしれませんが、安心してください。

私が無くなるといっているのは、映画ではなく映画館です。

なんでこんな考えに至るかというと、、

 

もし家から出ることなく、劇場のスクリーンには及ばないもののかなり大きなスクリーンで、映画を観ることができたとします。

しかも映画館のチケットに比べて割安で。

こんな状況になったらあなたは映画館に足を運びますか?

私はそうは思いません。

ポップコーンを片手にあの雰囲気で観るからいいんだ!という方もいるかもしれませんが、多くはないんじゃないでしょうか。

 

だとしても、実際にこんな状況が起こるのか。

すでに起こりつつありますね。

 

例えば映画の大きなスクリーンはホログラフィックのスクリーン等で取って代わられるなんてことになりえますね。

そしたらスクリーンは空中にあるのである程度の大きさは担保できますね。

それから現在は、netflixと劇場での公開が同日なんていう映画もあるようです。

この場合、公開日の最初の上映より手元のパソコンのほうが早く観賞できちゃうわけですね。

映画を劇場ではなく、個人で観賞するようになればキャパシティの問題がない分、料金も割安になるでしょうしね。

ましてや最近はコンテンツ業界は定額制が主流になりつつあるので単価はかなり安くなるでしょうし。

 

こんな感じで映画館の需要は下降傾向に見えますが、それに待ったをかける動きもありますね。

カンヌ国際映画祭では、ネット配信のみの作品は審査対象外になるとか。

体験型消費エンターテイメントなんていう表現で押し出したりとか。

映画館のweb予約はエンタメになるか?”こんな感じでシネマシティの方が奮闘していたりとか。

 

体験型のエンターテイメントに注目が集まる中で、映画産業が今後どのように変化していくのか非常に楽しみであります。

 

はたして映画館は姿を消すのか。

 

映画館の有無はあまり気にしてませんが、映画自体が衰退産業とはならず、今後長きにわたって良い映画作品を多く目にできると嬉しい限りです。

 

しょう

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。