1. トップ
  2. 思考・自己啓発
  3. 認知心理学ー首位効果ー
このエントリーをはてなブックマークに追加

認知心理学ー首位効果ー

こんにちは。えびです。

最近また雨の天気が続いていますね……

慣れないレインシューズを履いているせいで、かかとから出血しまくっています…(笑)

さて、雨の日は気分が上がらない、という話を聞くことが多いですが、そのせいでもしかしたら皆さんは思わぬ損をしているかもしれません!

今回の記事のテーマは、そんなことにちょっと関係があることです。

 

認知心理学

 

いきなりですが、皆さんは「笑顔」がどれくらいの力を持っているか考えたことがありますか?

もしくは、普段からどれくらい「笑顔」を意識していますか?

 

おそらく、笑顔の力がどれほど強力であるか、理解している人はあまり多くないはずです。

また、笑顔がどれほど多くの場面で力を発揮してくれるのかを考えている人も少ないと思います。

 

でも、表情は対人関係において多くの役割を担っています。

笑顔もその一つであり、ちょっと意識するだけで絶大な効果があると言われています。

 

そもそも笑顔が嫌いな人はいない場合が多いでしょう。

僕の友人の中でも、好きな人のタイプを聞かれたときに「笑顔が素敵な人」「良く笑う人」「いつもニコニコしている人」と答える友人がたくさんいます。

僕自身、昔はそう答えていた記憶もあります。(笑)

笑顔を意識することで、生活が少しでもハッピーになるのであれば、こんなに簡単な工夫をしないのはもったいないでしょう。

こと、今日の記事の中で後に出す実験データは恋愛や企業人事に関することなので、意中の相手(異性でも志望企業でも)を射止めることに役立ててもらえるかもしれません。

 

首位効果・初頭効果

 

笑顔は、認知心理学などでいう「首位効果」、「初頭効果」と呼ばれる効果と大きく関わっているものです。

そもそも首位効果、初頭効果とは何かというと

 

最初に受け取った印象で、自身の感情や思考が決まりその人に対する評価も定まる

 

というものです。

人は見た目が9割」という格言を聞いたことがある人も多いと思いますが、これは主に首位効果や初頭効果を指して言っています。

その後の対応やおしゃべりで評価を覆すことも可能ですが、もしもあなたが忙しい人であれば、そこまで深い間柄になる関係を結ぶ機会はあまり多くないかもしれません。

あまり会う機会がないにもかかわらず、初めて会った際に最初の印象が悪ければ、文字通りあなたの評価はそこで決まってしまい良好な関係を構築することは難しくなるでしょう。

 

中には、『いやいや、私(僕)は顔が整っているわけじゃないし、特別お洒落なわけでもないからちょっと笑顔になったところで何かが変わるとは思えないよ』と思った人も中にもいるはずです。

そんな人を勇気づけられる実験データをいくつか見たいと思います。

 

笑顔のパワー

 

一つはアメリカのカリフォルニア大学で行われたものです。

被験者の男性に「容姿が端麗であるが笑顔ではない女性」と「容姿が端麗ではないが笑顔の女性」の写真を見せて、どちらの方が好印象を受けるのかを尋ねたところ、

80%以上の男性が「容姿が端麗ではないが笑顔の女性」の方が好印象を受けると答えました。

 

さらに、質問を変えてどちらの女性と交際をしたいかと聞いた際には、

64%の男性が「容姿が端麗ではないが笑顔の女性」と付き合いたいと答える、という結果になりました。

この実験では、女性と男性を逆転させたパターンでも行われており、女性が男性を選ぶ場合でも似たような結果になったと報告されています。

 

二つ目の実験はイギリスで行われたものです。

被験者40人に「企業の人事になったつもりでこの人を採用しますか?」と言って、プロフィールを渡しました。

40人のうち半分には笑顔の女性の写真、もう半分の人には笑顔でなく無表情の女性の写真が添付されていました。プロフィールの内容はどちらの写真の場合でも一緒でした。

しかし、被験者の採用結果には大きな違いがありました。

笑顔の写真を見せられた被験者は100%採用したのに対して、無表情の写真を見せられた人のうち採用した人はたった10%ほどしかいませんでした。

 

つまり、以上の結果から推測すると、笑顔でいることは周りの人から

 

  • 出会い頭に好印象を抱かれる
  • 一緒にいたいと思われる
  • 魅力的だと思われる
  • できる人だと思われる

 

といった、プラスの評価を得られるということが言えます。

人生を少しでもハッピーにしたいと思っているようであれば、とりあえず笑顔で過ごすことから初めて見るのもいいかもしれません。

最も簡単で、実行しやすい手段の一つとして頭に入れておいてほしいです。

 

文責:えび

参考文献

鈴木宏昭(2016)『教養としての認知科学』東京大学出版会

ロミオ・ロドリゲス Jr.(2017)『ズルい恋愛心理術ーメンタリズムで相手の心を97%見抜く、操る!

-』SB Creative

このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。