1. トップ
  2. コラム記事
  3. 生産的な遊びをすることがハッピーになる秘訣なんじゃないかと思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加

生産的な遊びをすることがハッピーになる秘訣なんじゃないかと思う。

 

私たちは普段様々な遊びをしていますよね。

 

その遊びですが、二つ(正確には2種類+1)に分類できるかなと思っていまして、

 

その二つというのが、消費的な遊びと生産的な遊び(+それらを同時に行う遊び)です。

 

消費的な遊びというのは、

 

映画を観ることや音楽を聴くこと、小説を読むことや、旅行をすること

 

映画を観たところでその映画がなくなるわけではないので、完全な消費とは言えませんが、消費的であると言えるでしょう。

 

一方でピアノを弾く、小説を書く、演奏する、映画を作る、映画のレビューをするなどというのが

 

生産的な遊び。

 

この生産的な遊びは何かを消費するのではなくて、何かを生み出すことに面白さというのがあるんですね。

 

そして、この生産的な遊びに価値をもたらすのが他者であります。

 

ピアノを弾いても誰も聞いていないのでは、あまり生産的であるとは言えません。

 

そこにオーディエンスが存在して、演奏を楽しんでもらう(消費する人がいる)ことで初めて生産的であるといえるのかなと思います。

 

つまり、生産的な遊びを生産的たらしめるためには、他者へ向けての発信が必要不可欠なんです。

 

自己満足で終わっちゃいけないってことですね。

 

そして、一見消費的な遊びでも、生産的な遊びに変わる余地があります。

 

例えば、大食いタレントさんなんかがいい例で、

 

食べるのが好きで、いっぱい食べる。

 

食べる行為自体は消費的ですけど、それをテレビで放送したら生産的になります。

 

これら生産的な遊びは生産者も消費者もハッピーにします。

 

だから生産的な遊びが増えることが幸せになる秘訣だったりして!なんかと思っているわけなんです。

 

しかし、生産的な遊びに価値が生まれるかどうかを決めるのは紛れもなく他者であるので、

 

その遊びを本当に極めたり、独創的なものにしたりといった努力と創意工夫が必要なってくるわけです。

 

だから簡単なことでもないんですけどね。

 

でもこのwin-winの遊び関係がより多く成立すれば、効用がより大きくなることは間違いないでしょう!!

 

文責:しょう

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。