1. トップ
  2. コラム記事
  3. 信じることって相当大変。どんだけのお人よしになれっていうんですか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

信じることって相当大変。どんだけのお人よしになれっていうんですか。

 

人を信じることってとても大切なことだと思うんです。

 

大概の人は賛成してくれますかね。

 

ただ、お分かりのとおり、人を信用するというのは非常に難しいじゃないですか。

 

信用する人がいるから、騙す人がいる

 

というように、

 

信用を逆手にとって、悪事を働こうなんてことは世界に蔓延しています。

 

ネット上の取引で、相手に逃げられた。

 

約束を守ってもらえなかった。

 

なんてことは日常茶飯事です。

 

じゃあ、疑いの目を持ち、簡単に人を信用しないことが大切なのか。

 

そうなのかもしれませんね。

 

疑いの目を持つことで、一寸先に潜む危険を回避できる可能性は大いに高まりますし。

 

ただ一方で、信じるこころはずっと持っていたいとも思うんです。

 

それには、やはり信頼関係を築くということ

 

時間をかけてお互いが信頼されるに値する人であるということを築き上げていくことが必要でしょう。

 

そして、もう一つが許すこと

 

裏切りにあったとき、こみ上げてくるのは怒り、悲しみ、憎しみ。

 

「目には目を。歯には歯を。」

 

でやり返してしてしまえば、いいものは何一つ残らないでしょう。

 

それに、それは信じるこころをむしばみ、疑い深い世界を助長する。

 

だから許すこころが必要なのかもしれません。

 

でも、これは非常に愚かな行為ですよね。

 

自分だけが、不利益を被って我慢しろと言っているんです。

 

そんなお人よしには私もなれるかどうか怪しいです。

 

でも志は捨てないでおきます。

文責:しょう

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。