1. トップ
  2. コラム記事
  3. 鬼天竺鼠(カピバラ)の豆知識
このエントリーをはてなブックマークに追加

鬼天竺鼠(カピバラ)の豆知識

 

カピバラのその他の逸話

 

では、せっかくなのでカピバラに関してもう少し紹介させて欲しいです(笑)

 

カピバラって食べられる?

まず一つ目です。カピバラを食用としている国はたくさんあります。

南米が主になのですが、ベネズエラではマクドナルドのハンバーガーの一部としても使用されたこともあるらしいです。

他にもキリスト教の布教の関係から、バチカンでも食用となり、しかもその扱いは魚類……

また実は、日本にも食用としての輸入がなされたこともあったのですが、その硬さのため断念されたとか!

 

近年のカピバラ人気

最近、ゆるふわマスコットキャラクターとしてカピバラをモチーフとした「カピバラさん」が人気を呼んでいます。

「カピバラさん」に関しては、僕自身でいうとあまり知らなかったのですが、先日友人にカピバラの話をしたときに教えてもらいました。かわいいですね。(笑)

他にもカピバラが活躍していることがあります。

それは、那須動物王国にいる「ソルト」と「のり」というカピバラがカルビーにスカウトされ、社員として起用されています!!

ここからは僕の良そうですが、このままいくと近年中にカピバラをテーマにした、カピバラ主演の映画が出るのではないか、と期待しています。

 

カピバラって飼えるの?

 

飼えます!

ブラジルなど南米の国では、カピバラをペットとして飼育している家庭も多くあるほど。

なんと、日本ではかつて秋篠宮家も飼っていたということを知りました。

ぜひいつか、僕もペットとして買いたいです!!

 

文責:えび

 

参考文献

麻生羽呂, 篠原かをり(2016年11月)『LIFE-人間が知らない生き方ー』

このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。